夏海笑の目指せ!Bライフ経由、まんが道

58歳のバツイチ爺。44歳でサラリーマンをドロップアウト、マンガ家を目指すことにする。以来、14年間奮闘中。54歳で寝太郎さんのBライフに出会い、感動。秩父の山小屋で自分もBライフに入る。ちょっとだけ働きながらマンガを描いて、プロを目指すのが目標。趣味は太極拳(孫式)とラーメンとデカ盛り、特撮

2017年11月

2017(平成29)年11月26日(日)











またまたT塚オーナーからオニク(シカとイノシシ)をもらって

しまいました!


うれしい~~~~!!! ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 



さいきんリトル停滞しているので、

今日はオニクを食べてお酒を飲んでやろうと思います! ( ̄(エ) ̄) 



まずは、シカサシですね。


そして、シカヤキニク用に、シカニクをヤキニクのタレに漬けておきます。


芸が細かい ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタボタボタ

2017112601



シカサシは、ニンニクじょーゆがおいしーですね ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタ

2017112602



さいきんキャンプ場にシカが出ます。


「あれとってくれようヽ( ̄Д ̄)ノ」などと、つい心の叫びが。


するとT山オーナーがニコニコと、こうおっしゃる。


「ホリさん(私の本名)がトドメ刺すなら、

 ワナかけてやるよう」


(* ̄▽ ̄)HAHAHAHAHAHAHA!!! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・










無理! 


肝の細い私に、なんてことを言うですか!


・・・チッ (-_-#)



で、シカヤキニク、と。

2017112603

2017112604


2017112605



やわらかくてクセの無い、いつものようにけっこうなお味なのだけど、

今回は背ロースではなくモモニクなので、

ちーーっと、スジがありますね。


シカサシよりヤキニクのほうがおいしかったかな ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタボタボタ



そして、イノシシは、イノシシ鍋ですね。


南房総では脂が臭いのではずして、

赤身だけをスライスしてかるく焼いて、塩コショウで食べます。


そう言ったら、T塚オーナーの怒りがバクハツしました (´・▲・`)


「なに言ってんだオメエ。

 脂がウマイんだよおーー!!」



秩父では、ニクを脂ごとヒトクチ大に切って、

根菜といっしょに味噌で煮て食うそうです。


というわけで、イノシシ鍋です。


大ナベが見当たらないので、中華ナベで作ることにしました。


オニクの量は、こんなもんでいいかしら  (* ̄▽。 ̄)。。グフフ

2017112606



しかし、中華ナベは安定感が無い。



あしたのジョー、じゃなかった、あんのジョー、

ひっくり返してしまい ( ̄□ ̄;)アワワ



けっきょく小ナベで作り直すことに (/。 ̄、)シクシクシクシク

2017112607



キャンプ場のナベを、借りてくれば良かった!



グツグツ。

2017112608

2017112609



あちあち! ・・・オイシーーー!! 。。。ъ(゜Д゜)グッジョブ!!  


これは、豚汁ですね!

脂が甘い!

そして、野性のニクなので、歯ごたえがあります!



イノシシ鍋をズルズル! 


ごはんパクパク! 


ショーチューをゴクゴク!(※) 



あわわわわわ ((((゚д゚;))))  


どうやら奥歯にひそかに仕込んでおいた、加速装置のスイッチが

入ってしまったようです。


止まりません! 


たいへんに、いそがしーーです! ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 


※注:まだ午前中です。


たしかに、秩父のイノシシの脂は、南房総のと違って臭くなく、

きっと、食べているものがちがうのでしょう。




話は替わりますが。


思うに、

ネットのアフィリエイトで不労所得を得る、

というのはどうも私の性格には合っていないようです。

グーグルアドセンスが不調で良かった!


自分の人生を省みると、

よけいなことを考えずに、いっしょうけんめい働いていた時、

ものごとがうまく回っていたような気がします。


巴川オートキャンプ場でいっしょうけんめい働く。


今は、それが楽しいです(^^)




さて。


秩父のシカやイノシシを吸収し、完全体へと近づいていく私である ヽ( ̄Д ̄)ノ 



これからデブ(現在地) → デブリング → デブリッガー → デブリゲスト

→ 魔神ブゥ と進化してゆくのだ。




悟空と戦う日も近い。














寒くなってくると、キャンプ場のオヤツにホットオレンジが

よく出ます。


秩父では、寒くなるとよくやるようですね。


体があったまりまっせ~ (* ̄▽ ̄) 


さくせい手順その1

2017112501



さくせい手順その2

2017112502



アチチチチチチチッ! (>_<) 



あっついなーーー (* ̄▽。 ̄)。。ボタボタボタ


おいしいなーーーー (* ̄▽。 ̄)。。ボタボタボタボタ


地元の人は皮ごと食ったりしているようですが、

それはさすがに(^^;




さて、ひさびさにBライフ考です。


今回は、いぜん「Bライフとは自由になることだ」と書きましたが、

自由は自由でも、私が以前書いた自由とは違う自由ではなかろうか、

ということ。



まあ、ニーチェ先生の受け売りなんだけども。



ニーチェ先生は、言いました。


「自由と言うのは、

 束縛からの自由ではなく、

 何かをやるための自由だ」と。


ニーチェ先生と言えば、

「今まで我々は、神のことばかり考えてきた。

 これからは、神のことではなく、にんげんのこと、自分のことを考えようよ」

と言った哲人ですね。


まあ、「神は死んだ」という、非常にはげしい表現を使ったんだけれども。


私が前に日記で「Bライフ=自由」と書いたときの自由とは、

ニーチェ先生のいう、「束縛からの自由」であったような気がします。



現代人は、高付加価値の住宅に住んで、

高額の住宅ローンや家賃を払ったり、

大規模発電で作った電気をジャブジャブ使い「文化的な生活」を送るために、

たくさんのお金が必要となり、それを稼ぐために長時間労働を行う。


それによって、その長時間労働に拘束され、自由を失う。


だから、小屋に住んで住宅ローンや高額家賃を払わず、

そして電気や水道、ガスなどのインフラも引かず、

川の水を汲み、薪で暖を取り調理をすれば必要なお金はわずかであり、

たくさんのお金を稼がなくとも済む。


その結果、長時間労働の必要は無くなり、自由を得る。


たしか、私はそんな事を書いたと思います。


まさにこれは、ニーチェ先生のいう「束縛からの自由」ですね。








これに対して、ニーチェ先生の言う真の自由とは、

「~をやるための自由」「~できる自由」ということのようです。



私について言えば、それは、

「誰に遠慮することなくマンガが描ける自由」、「マンガを描くための自由」、

ということになりますね。


そう。


私はBライフによって、「マンガを描くための自由」を手に入れたのでした。



そして。


マキャベリ先生は言いました。


「努力して得たものが、自分を支えてくれる」、と。


外交官だったマキャベリ先生は『君主論』の中で、

君主の心得を説きましたが。


その中で、傭兵や他国からの援軍を当てにしないで、

苦労して自前の軍隊を育てなさいと言っているんですね。


そしてそれが、自分を支えてくれると。


たしかに、私が努力して得たマンガの技術、そしてマンガという目的は、

今の私を支えてくれているような気がします。

(というか、すべてを失って、マンガしか残らなかったんだけれども)



さいきんは精神が弛緩してしまっているのか、

マンガにしんけんに立ち向かうことができず、

描いても思ったような絵にならず、

ジミに苦しんでいるのですが、

そんなことを考えて、耐えています。






2017(平成29)年11月21日(火)







かっぱ寿司の食べ放題「食べホー」も11月22日で終了。

かっぱ寿司12



というわけで、名残を惜しみにかっぱ寿司秩父店へ。

かっぱ寿司13




いざゆかん、大海原へ 



  ヽ( ̄Д ̄)ノ 




回転ずしは、海だ! 


流れるレーンは海流だ! 


海流に浮かぶおすしの皿の列。 


目の前に広がるおすしの海を、 

すし皿たちがゆうゆうと泳ぐ 



そして。


私の目はらんらんと光り、


すし皿の上をサーチライトのように旋回する  (Φ_Φ) 



サーチライトがまぐろを照らす。

かっぱ寿司14


マグロのあざやかな赤に、


私は、すいこまれそうになる ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタボタボタ



ぱくっ ( ̄(エ) ̄) 


私の魔眼の光を浴び、

イカが虹色に光る 

かっぱ寿司15


ぱくっ  ( ̄(エ) ̄) 



すし皿の海を、泳ぐ、泳ぐ 


ぱくっ ぱくっ ぱくっ ( ̄(エ) ̄) 


かっぱ寿司16

かっぱ寿司17



まぐろの赤、イカの白、びん長まぐろのベージュ、イクラのオレンジ、わさびナスの青、


玉子焼きの黄色、煮あなごの茶色、海苔巻きの黒、・・・


かっぱ寿司18


うには金色。


かっぱ寿司19


わさびはエメラルドグリーン。


かっぱ寿司20


そして、銀シャリが白銀に輝く!


回転ずしの海は、美しい ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタボタボタボタボタボタボタ


世界一美しい海だ。


かっぱ寿司21

かっぱ寿司22

かっぱ寿司23









ぱくっ ぱくっ ぱくっ  ( ̄(エ) ̄) 


海が、どこまでもひろがってゆく。


かっぱ寿司24

かっぱ寿司25

かっぱ寿司26



おすしたちよ。


おすしたちよ。


すし皿に乗っておよぐ、おすしたちよ。


かっぱ寿司27

かっぱ寿司28

かっぱ寿司29


ああ。

よろこびも、悲しみも、

すべて、すし皿の上にある。


かっぱ寿司30


ゴチソウサマ!

かっぱ寿司31




 



 海の漢・夏海笑が去ったあとも、


 かっぱ寿司にはただ、おだやかな海がひろがっていた。



 


 



【本日の漁獲高】おすし22皿 げそ天盛り1皿 とり唐揚げ1皿

        貝のミソシル1杯 醤油ラーメン1杯 茶碗蒸し1杯

        バニラアイスクリーム1皿 コカコーラ1杯






よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥












ソラの拳(122頁)↓

ソラの拳122


ソラの拳(123頁)↓

ソラの拳123



修行を終えたソラの、人相が変わっています。


子どもっぽさが、かんぜんに消えてなくなりました。



さて、暗勁の演出ですが。


暗勁とは、相手の気をすべて地面にアースしてしまう拳

(この作品での定義)ですが、こんな演出があってもいいなー

と思って描きました。



ところで。


『あゝ、荒野』を観て、えらく感動しています。


「地べた」ってのは、ああでなくちゃいけませんね。


注)『ソラの拳』では、社会の底辺の事を「地べた」と呼んでいます。











「地べた」を這いずりまわり、


慟哭し、狂おしくうめく。


野良犬のように、咆哮する。


「地べた」ってのは、そういうもんです。



自分は、まだまだ甘いですね。


しかし、ユウキとソラは「地べた」にいるとはいっても、

取り乱したり感情的になったりするタイプではありません。



それならば、竜がその役割を演じるべきではないか、と思いました。



狂おしく、吠える竜。



竜のキャラが、またまた変わります(^^;





2017(平成29)年11月17日(木)






6:30 なんだか、鼻が痛いな~と目を覚ますと、

枕もとの温度計は-2℃でした。


(耳は100均の毛糸ぼうしで防御しているので平気)


この冬初めての、氷点下な朝ですね。


霜もおりていて。

2017111701

初霜な朝です。


外バケツも結氷。

2017111702

これもこの冬初です。


秩父もいよいよ本格的な冬に向かうのでしょうか。


私にとっては、移住してはじめての秩父の冬です。


冬を乗り切れてはじめて、小屋での長期居住が可能になるわけで。

楽しみなような、怖いような。









さて。


部屋に戻って電気ストーブをオンすると、

すぐに鼻の痛みは取れました。


ようはマンガ描くときに手がかじかまなきゃいいわけで、

この小屋の暖房は、このていどでいいのかもしれません。



今日はボーイスカウトの団体さんの予約が入っていて、

私は今夜夜勤に入ります。


キャンプ場に泊まる子どもたちのために、

明日は氷点下にならなきゃいいな~、と思う。


そういえば。

昨日は、私のひとり暮らしをながいこと支えてくれた、

電子レンジさんが壊れてしまいました。


しごとが決まる前だったら、

経済的にたいへんなことになっていましたが。


ほんと、キャンプ場のしごとはありがたい。


そうは言っても、外に出しっぱなしで使うので、

安いのでじゅうぶんなんですけどね。


カインズに、5千円くらいのを買いに行こうと思います。


今日の日記は、ネタもオチも無くてすみません(^^;








↑このページのトップヘ