夏海笑の目指せ!Bライフ経由、まんが道

57歳のバツイチ爺。44歳でサラリーマンをドロップアウト、マンガ家を目指すことにする。以来、12年間奮闘中。54歳で寝太郎さんのBライフに出会い、感動。秩父の山小屋で自分もBライフに入る。ちょっとだけ働きながらマンガを描いて、プロを目指すのが目標。趣味は太極拳(孫式)とラーメンとデカ盛り、特撮

2018年07月

2018(平成30)年7月28日(土)








今回も、時系列の流れから。

1945(昭和20)年
8月30日 マッカーサー着任
9月11日 A級戦犯容疑者逮捕

10月11日 マッカーサー、幣原首相に
       民主化に関する五大改革指令。

11月6日 GHQ,財閥解体指令
12月9日 GHQ,農地改革に関する覚書を発表
12月22日 労働組合法発布


1946(昭和21)年
1月1日 天皇、人間宣言

1月4日 GHQ、軍国主義者らの公職追放を指令
2月13日 GHQ,憲法草案を日本政府に手交



前回は、
原爆デモンストレーションのおかげで、
アメリカは一国で
日本の占領ができるようになったと
書きましたが



今日は、
この占領政策について
ちょっと書きます。

アメリカの占領政策は
どこまでがトルーマンの意思で
どこまでがマッカーサーの意思なのか
勉強不足なのですが、



目的は、
「日本潰し」でした。


「日本を二度と強い国にしてはいけない」



日本潰しの政策が
着々と進められます。








ということで、
軍隊の解散は、
まあしかたないですね。


それから、
国力と言えば経済力。

日本経済の国際競争力も
きっちりと
落とさなければなりません。


このための政策が、
第一に「農地改革」です。



当時は
大土地所有者のもとで

自分の土地を持たず
高額の小作料を払って
耕作する農民が多かった。


こうした農民たちが
生活が苦しくなったり、
飢饉が起こったりすると
どっと町の工場に出てくる。


彼らはもう帰るところが
無いから、
安い給料でも文句言わず
働かざるを得ない。


この安価な労働力が、
日本経済の国際競争力の源
だったと思います。

(ちょっと前の中国と
 同じような構造ですね)


だから、
大土地所有者から土地を
取り上げ、
小作人たちに分配しました。


小作料から解放して
喰い詰めた小作人が
町に出て来ないように、
したかったんですね。


アメリカは、
「農地改革」を、べつに
不平等の是正とか農民の権利のために
やったんじゃありませんよ。


第二に、「財閥解体」です。


当時の日本では、
政府や軍と財閥がガッチリと
手を組んで
国策を進めていましたので、
財閥、解体してしまえ! と。


政府や軍に対する
資金供給や後方支援を
断ちたかったわけですね。


これもまあ、
しかたがないですが。


アメリカは、
「財閥解体」もまた、
べつに「経済の民主化」のために
やったわけじゃありませんよ。


仕上げは、「教育改革」です。

軍国主義の否定
建国神話の否定とか
(「神国日本」の思い込みを潰す)
武道の禁止とか
(武士道がファシズムを生んだ!)



今までの日本はすべて悪かった
的な教育ですね。


これは
日本人のモチベーション潰しが
目的であり、

アメリカは、
「教育改革」を、
べつに「民主化」のために
やったわけではありませんよ。


アメリカの占領政策を
ざっ見てくると、


アメリカは
自分に都合のいい事を
日本に
「これがグローバル・スタンダードだ!」
と言ってよく
押し付けてこようとしますが、


その傾向はたぶん、
GHQ占領のこの頃に
始まったような気がします。


「これが民主化だ」「自由だ」と
言われて占領政策を
受け容れた日本人。


結果的に経済だけ復活できたし、
ここ75年程戦争もしなくて
済んでるから
いい面もたくさんあったんでしょうが。


平成のアメリカ圧力にも、
いい面があるといいなあ(^^;


            (完)



ネタ本:「齋藤孝のざっくり!日本史」








よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









2018(平成30)年7月27日(金)








ハローワーク相談員の
求人出ましたが

経験生かせるのですが

ざんねんながら
週5日勤務。


だいじなマンガの時間が
かなり食われて
しまうのでパス。



追い詰められて
いるからこそ、

何よりも
マンガを優先しなければ
ならないと思う。



経済的には
ヒサンな日々ですが、

サムネイルや三体式の
時間がいっぱい取れるのは
いいこと、ですね。



読書もこれまでの
乱読ではなくて、

今の自分のマンガに
必要なものを、
選んで
読んでいかないと。



自分の作品に
もうちょっと
トンガリを付けるために!


異常さを付けるために!


狂気とか(^^)



そうだ!

こういう時は
三島(由紀夫)を読もう! 

・・・ъ(゜Д゜)!! 


というわけで
三島『金閣』を
素読(音読)しています。









もう、
スゴイですねえ~
オープニングから、
とにかく、金閣、金閣、金閣。


この演出に比べると
ソラの崩拳への妄執は
まだまだフツウですね(^^)



主人公の養賢(ようけん)は、

醜男(「世界から拒まれた顔」)で、
吃音(「私の内界と外界との間の扉の鍵」)で、
運動神経も無く
コミュニケーション能力も無く
同級生から嘲笑されて成長します。


さらに吃音という障害を
バネにして人に抜きん出ようとする
意欲もありません。



「孤独はどんどん肥った、
 まるで豚のように。」


いいですねえ~


なんだかものすごく
親近感感じるんですけど(^^;



その後の養賢は、
有為子(ういこ)という美女に
ストーカー的な恋をしたり。


女性と関係を持とうとすると
女と自分との間に
金閣が現れ、
その美しさに圧倒され
行為に移せなかったり。



養賢は、
金閣と言う「永遠」に支配され、


最後には

「金閣を焼かねばならぬ」と

なっていくわけですが・・・



「世界から拒絶されている」


いいですねえ~ 狂った世界観!


ソラの絶望も、
こいういうふうに
表現できたらいいのに。


自分の内面を、
ひたすらに走る
ソラを描きたい。



なんだか楽しいですね。



ハイデガーの「死への存在」というのは、
誰にでも訪れる
死という「未来」に向かって
ひたすら「現在」を刻んでゆく

そういう事だと思いますが。


私はこの世界に在って、
毎日ひたすらに
サムネイルを刻んでいます。

2018072501




ニーチェ先生
漱石先生
アドラー先生
マキャベリ先生



高校時代の恩師、
M屋先生



サラリーマン時代に
私に目を掛けてくれた人たち

太平洋証券のO課長
オリンパスのOさん
日総工産のH部長
赤福のH社長
トッキのS工場長



私をいつも気遣ってくださる
マイミクの白神のY子お姉さん



南房総で私をかわいがってくれた
素潜り漁師のW兄さん




そして、

私を愛してくれたお父さん
私を産んでくれたお母さん




私はまだ、

がんばっていますよ。





私が生きたかった人生は、

こんな人生でした。






よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥

2018(平成30)年7月26日(木)







狂人ルーズベルトの日米戦争というお題で
以前何記事か書きましたが

もうちょっと
書きたいと思います。


まず、時系列の流れ
ですね。


1945年5・6・7月
 日本、白旗を掲げ、和平を打診。
 トルーマン、拒否。

 トルーマン、無条件降伏を要求。
 日本、天皇の地位の保全のみを求めるが、
 拒否。

1945年5月
 フーバー、トルーマンに助言(拒否)
 「日本はもうギブアップなんだ。
  無条件降伏なんて言わないで、
  一刻も早く和平すべきだ」

1945年7月26日 ポツダム会議
 日本に最後通告


同 8月6日 広島に原爆投下。
8月8日 ソ連、日本に宣戦布告。
8月9日 長崎に原爆投下。

8月14~15日
 アメリカ、天皇の地位の保証を受諾(※)。
 日本、それ以外は無条件で降伏。
 (日本が無条件降伏を受け入れた、
  というのもウソです)

8月16日 スターリン、ソ連の北海道北部占領を
      提案。トルーマン、拒否。








えー、なんでまた狂人ルーズベルト?
と思った方もいると
思うんですけど、


原爆投下のことに
ちょっとだけでも
触れておいたほうが
よかったかな、と(^^;


狂人ルーズベルトの亡霊であるトルーマン
(以下、狂人トルーマンと略す)は、
どうしても原爆を試したかったんですよ。



アメリカの圧倒的な力を
世界に誇示したかった。


大戦後の世界を自分たちの
都合のいいように動かすために。



とくに、ソ連が台頭してくるのを
けん制したかった。


つまりは
「見せしめ」ですね。



アメリカにケンカ売ったら
こうなるんやでえ~、という。


だから、
原爆デモンストレーションが
済むまで、
日本の降伏を認めるわけにはいかず、
ズルズルと引き伸ばしました。



そして、
ソ連参戦の2日前という
絶妙のタイミングで
広島に原爆を落としたのです。



原爆を落とさなくても
日本は降伏していたというのは
一連の流れで説明しましたが、

狂人トルーマンは
戦争を終わらせる為ではなく
政治的デモンストレーションのために
広島長崎に2発の原爆を落とし、
20万人の非戦闘員を殺戮しました。


私は大戦中の
大日本帝国の非道を認める気は
ありませんが、

大戦中の日本を
人道に対する罪で裁くなら、
アメリカの原爆投下も是非
裁いて欲しい。


「勝ったから罪は帳消し」
では済まされないと思います。



これら一連の流れで思い出すのは、
やはり9.11ですね。


テロを正当化はしませんが、
それにしても9.11の報復は
ものすごかった。


直接の加害者でないイラクにまで
徹底的な攻撃が行われましたが、

(しかも大義名分だった「大量破壊兵器」は
 出て来なかった)


2発の原爆投下にも、
同じような執念というか
エネルギーを感じます。



とくに
相手が日本やイラクのような
非キリスト教国の時は
100倍返しがデフォ (-_-メ) 



アメリカのメンタリティーは
今日まで
何も変わっていないのです。


アメリカは
2発の原爆デモンストレーションによって
日本の占領をアメリカ一国で
できるようになりました。


ソ連の北海道上陸も却下できたし。


狂人トルーマン君、大満足です。


             (つづく)







よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥

2018(平成30)年7月23日(月)








読者さんに教えていただいた
エピペンを処方してもらいに
かかりつけの皮膚科に
行ってきましたが。


エピペンの処方は
このあたりでは
秩父病院でしかできないそうで。


ただ、先生の話によると
短期間に4回刺されているのに
アナフィラキシー起きていないので、

親族にアナフィラキシー起こした
人がいなければ
アナフィラキシーは起こさないよ、
との事。


まずは、安心 (; ̄。 ̄A  ホッ



2018(平成30)年7月24日(火)


楽天で注文した
ポイズンリムーバー届く。


2018072404



あとは、
どうやって巣を駆除
するかなんだけど。


もう4回も刺されて、
すっかり戦意喪失しています(^^;


抗生物質飲んで
やっと腫れも引いてきた
ところなのに。


巣の駆除なんてやったら、
また刺されるだろうなあ~~ (>_<) 







貯金が底を突き
今は
生きているだけで
せいいっぱい。


虫刺されでの
皮膚科への通院も
今月はもう2回行ったので
地味に痛いです(涙)



・・・しばらくは
巣に近づかず
静観しようと思います。


宅急便屋さんとかも
この通路を使うので
とりあえず、
ロープ張って
注意喚起だけ。

2018072403

2018072402



しかし、
去年はクマんバチ、
今年はアシナガバチ


毎年ハチに
刺されとる 彡(-_-;)彡ヒューヒュー 




がっでーむ。




【追記】
 宅急便のお兄さんは
 ハチの巣駆除の仕事を
 したことがあるそうで


 「キイロアシナガだね」
 なんかずいぶん警戒してるから
 危ないよ、とおっしゃる。



 ・・・おとろしい (;-ω-)  




よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







2018(平成30)年7月21日(土)







ひとり言さんに
教えていただいた冷や汁。


今日のキャンプ場夜勤の
お夜食に、
さっそく作ってみますよ ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタ 



用意するもの

庭のチビキューリと
お隣りからパチってきた
青ジソ

冷や汁02



焼きジャケが売ってなかったので
焼きアジで(^^)

冷や汁01








では、
作りますよー! ( ̄(エ。) ̄)。。ボタボタ 



器にメシを盛り

冷や汁03




ほぐした焼きアジ

冷や汁04



キューリ、きざんだ青ジソ、
白ゴマパラパラ

冷や汁05

冷や汁06



氷水入れて

冷や汁07



完成!

冷や汁08



それっ! 💥


ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 


(-皿-#)ザブザブザブザブザブザブッ! 


(-皿-#)ザブザブザブザブザブザブッ! 



味付けは、
1杯めは塩を少々。


2杯目は
塩+酢を少々。


猛暑で塩分を補いたいのか
塩、酢、強めのほうが
オイシーですね!


ゴチソウサマ!

冷や汁09




夏はやっぱ、
冷や汁!!! 



(^^)//パチパチパチ 






よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







↑このページのトップヘ