2018(平成30)年4月30日(月)






アドセンス収入強化のため、
新カテゴリーをもうひとつ追加することに
しました。

ヽ(`Д´)ノ <カネカネカネカネーーー!!! 

ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 


(* ̄▽ ̄)HAHAHAHAHAHAHA!!! 



新カテゴリーは、【トンデモ歴史】ヽ(`Д´)ノ 


じつは私、
歴史にもマダラにくわしいのですよ!


この
「マダラに」というところ、
重要ですよ! 

(* ̄▽ ̄)はっはっはっはっ 


しかも今は
ネットが十分に使える環境に
いないので、
記事内容の十分な検証(ウラ取り)も
できません。


ここも、
重要ですよ! 

(* ̄▽ ̄)はっはっはっはっ 



さて。


第一回は、第二次世界大戦の中の
日米戦争はなぜ起こったか、です。


タイトルは、
「狂人ルーズベルトの日米戦争」


🔥 m9(‘・ω・´)  ドーーン!! 🔥🔥


先の第二次世界大戦の中の
日米戦争ですが。


アメリカが
なぜ国益にもならない戦争を
日本に仕掛けて来たのか、
じつはよくわからないんですよ。


日本が朝鮮と満州を占領していた方が
ソ連の南下が防げて
アメリカの(と言うよりもむしろ
資本主義陣営にとって)
国益になったような気が
するんですけどね。


しかし、
ルーズベルトが狂人だったと仮定すると
じつに静かに納得できるわけです。



まあ今時
アメリカが正義の戦争を行ったとか
ファシズムとデモクラシーの戦いだったとか
童話的に考えている人は
さすがに少数派でしょうが、


我々は「東京裁判史観(日本原罪論)」によって
教育され、GHQにより
「日本人は好戦的民族で日本は
 凶悪国家であったから戦争を起こした」と
マインドコントロールされましたから、


今回の記事内容には納得できない方も
多いと思います。


しかしまあ、
「トンデモ」歴史観と言う事で
ご容赦ください(^^)







ちなみに、
ルーズベルトを「狂人」と
呼んでいるのは、フーバー元大統領と
マッカーサー大将(当時)です。


このふたりは
1946年5月4~6日に
東京で会談を行っているのですが、
とくに以下の3点について
確認しています。


1.太平洋における第二次世界大戦は、
 狂った男の戦争に入りたいという
 欲望から生じた結果である。

2.米国は、1941年に日本との戦争を
 回避することができた。

3.米国は、原爆を投下しなくても
 1945年に日本に勝利できた。


つづく。










よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥