2019(平成31)年4月23日(火)









作品に「私」を入れる
のができなくて
苦しんでいるわけですが・・・



作品に「私」を入れるというのは、
「自分の心の動きを描く」
ということであります。



自分が何を感じ、
どう感動したのかを作品に
きちんと入れる事です。


「ソラの拳」でいうと、

ユウキが
自分が底辺にいると感じ、
自分の力でのし上がってやる
と感じていることとか。


ソラが「強くなりたい」と
願っている事とか。


そういうあたりですね。



 
しかし、

そういうのが
ソラやウミネコや又四郎のキャラで
うまく表現できているとは
言えません。


例えば、
私のマンガは
ツイッターやマンガ図書館Zにアップしても
あまり閲覧されないわけですが、


ここ最近ブログで取り上げている
まきはるかさんのマンガは、
ツイッターにアップするたび
バズるわけです。


両者のマンガをくらべてみると、
私のマンガに足りないのは
そういうことではないか
と思いました(^^)



たとえばソラ。

ソラが「強さ」を求め
それに執着した結果どうなったのか、
そういう事をきちんと描かなければ
なりません。



ウミネコが今の安楽な生活を
どう感じていて、
そこから何を望むのか。


又四郎の持っている
強い風と、
その反面かかえている
コンプレックスについて。


しかし、

自分の心の動きを描く
というのは
とてもムズカシーです(^^;
 

自分が日頃いかに
テキトーに生きているか、
思い知らされますね(^^;




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自分の心の動きを描くんだ! 🔥


自分の心の動きを描くんだ! 🔥



ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 🔥🔥🔥


ヽ(`Д´)ノ <ウオオオオーーー!!! 🔥🔥🔥🔥










さて。




まったく逆のことを
言ってしまいます。



作品に「私」を入れる
(自分の心の動きを描く)
のができなくて
苦しんでいるわけですが・・・



じつはそれは、

カンタンなことでもあります。



だって


自分が今山小屋にこもって
マンガ描いている経緯や、



自分が中学の時に受けた
イジメのトラウマを
描けばいいんだもの。




しかし、



それではモチベーションが
上がらないと言うか、



自分の「キズ」に
触ることになるので




・・・描きたくない 
 




だからダメなんだ私 (-_-#) 



しかし、


ほかに方法が無いなら、
やらなきゃいけないんだろうな。




少し、


カクゴの時間
必要ですが。





いつも応援
ありがとうございます ぺこ <(_ _)>

よかったらポチッと
踏んで行ってね!( ̄(エ) ̄) 🍜💥


にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
にほんブログ村