夏海笑の目指せ!Bライフ経由、まんが道

57歳のバツイチ爺。44歳でサラリーマンをドロップアウト、マンガ家を目指すことにする。以来、13年間奮闘中。54歳で寝太郎さんのBライフに出会い、感動。秩父の山小屋で自分もBライフに入る。ちょっとだけ働きながらマンガを描いて、プロを目指すのが目標。趣味は太極拳(孫式)とラーメンとデカ盛り、特撮

カテゴリ: トンデモ歴史

2018(平成30)年8月7日(火)








私がキリスト教から感じる
重圧というか圧力を
とうぜん西洋の人たち
(というかキリスト教徒)も
感じていたようで

いろんな方々が
重圧からの解放を目指しました。


人間の反撃!


れんぞくこうげき!!



まずは、
「考えている自分から始めよう」
と言ったデカルトさん。

xy軸で言うところの
(0,0)地点を
発見したのですね。


「神の世界の事はわからない」
と、カントさん。

人間の認識(理性)の範囲の中で
やって行こうよ
と、言いました。


カントさんを思想的に
受け継いだヘーゲルさんは、
イケイケです。


人間の理性だって
たいへんなもんやでー!

歴史だって動かすでーー!!

フランス革命見ろや!

と、吠えておられます(^^)


このへんまでは、
神を認める派ですね。
でも、人間だってたいしたもんやで派(^^)



そしてついに!

武闘派の登場です!


私の尊敬する、
ニーチェ先生です(^^)


ニーチェ先生、
「ありもしない真理で
 人間を縛るな!」と
たいへん怒っております。


自分自身の足で立て!

キリスト教の奴隷になるな!


原罪から解放されて、
自分の人生を生きよ!


いいですねえ~

さすがニーチェ先生(^^)

(^^)//パチパチパチ



フーコーさん(フランスの哲学者)も
怒ってますね。

「すべての真理が神の国(イデア界)に
 あるというなら、
 我々人間はカスばかりの地上世界で
 いつも罰せられて(原罪)生きるのか!?」と。

(^^)//パチパチパチ


フッサールも言いました。

キリスト教が言うような
完全な客観性を追うのはやめよう。

完全な客観性など無い。
「間主観性」(主観の共通部分)で
いいじゃないか、と。


この間主観性を確定するために、
人が議論する。
それでいいじゃないか、と。

(^^)//パチパチパチ



「イデアのような実体があるのではなく、
 構造があるだけだ」
と、言った人もいます。



さて。


この「原罪」問題に、
最終的に決着を付けたのは
ダーウィンでした。


まあ、
アメリカには進化論を
否定している州もあるようですが。


人間は、「神が作った」のではなく
「猿から進化した」のです。


当然、「原罪」など無く、
神と人間の間に
特別な関係などありません。

(^^)//パチパチパチ








西洋の哲学の歴史は
プラトン・アリストテレス・キリスト教の
抑圧から脱出するための
歴史だったような気がします。


だから、
哲学者の目指す人間像と言うのは、
抑圧を抜け出して自ら
運命を切り開いていく
強い人間でした。


まあ、
マルクスなんかの場合は
運命を切り開くというのを
階級闘争にフォーカスしすぎて
おかしなことになってしまいましたが。


話はそれますが、
マルクス主義者や労働組合が
闘って勝ち取ってきた労働者の権利を、
バブルの崩壊以降
どんどん吐き出している気がします。

とてもざんねんですね。



そもそも
ユダヤ教の改革者だったイエスは、

「ユダヤ教徒だけしか救われないとか、
 神の愛はそんな偏狭なものじゃないよ。
 神の愛はユダヤ教を信じるものの上にも
 信じないものの上にも
 平等に降り注ぐのさ」

と言ったのだから、

キリスト教徒もイエスの教えに
忠実に立ち返って欲しいですよ。



ところで。

哲学というものは
ひとりの哲学者に
着目して
深く学ぼうとすると
気が狂いそうになります。


哲学者の著作と言うのは、
ただの自分の思想の
記述ノートですね。


たぶん
読者に親切にわかりやすく
書こうとか

自分の思想を
みんなに理解して
もらおうとか

そういう意識は
無いように思います。


やたらと
小難しく書く。


サルトルとか
あんなに難しく
書く必要があったのか。


もちろん
ニーチェ先生のような
例外もありますが。


しかし、
今回のように
広く浅く
ざっと見て行くのは
とても楽しいですね。



        (完)






よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








2018(平成30)年8月6日(月)









さいきんはキャンプ場通いが続き、
マンガもBライフも
あまりやっていません。



だから、

こういう時は
トンデモ歴史ですよ(^^)


今回は、
キリスト教の圧力と
哲学者たちの闘いです。


さて。


なぜこんなにも
キリスト教は人を
縛るのでしょうかね?


キリスト教の縛りは
大きく分けると
2つになります。


ひとつめは、
人は真理に到達することが
できない、とか。


プラトンのイデア論の
流用なのですが、
真理は神の世界※1(イデア界)にあり、
人間には到達することができない、
らしいです。

※1 ニーチェ先生の言う「背後世界」



ま、イデアなんて
ありませんけどね。

人間は、イデアのような「永遠」が
好きですけど。


例えば、
「これが「イス」だと分かるのは、
 イスのイデアがあるからだ」と
プラトンは言いますが、


しかし、
プラトンと同時代の日本人を
連れてきて同じものを見せても、
「イスだ」とは分かりませんよ。
イス知らないんだから。


同様に
プラトンの前に畳を置いて
「これは何だ?」と
訊いてみても、
プラトンには「畳のイデア」を
感ずることはできません。


イデアは文化によって制約される。

そんなものはイデアでもなんでもありません。

まあ、ギリシャ文化圏から
出たことが無かったプラトンには
分からなかったでしょうけれども。


イデアのように
背後に隠れたものが
必ずしも貴いわけではないし、

本質は
神の側(がわ)でなくあくまでも
人間の側にある。
そう考えたいですね。


神や永遠やイデアは、
神や永遠が大好きな人間が
生み出したものだと思います。


話それました。







2つめは、「原罪」ですね。


「原罪」というのは、
アダムとイブが犯した罪は、
子孫の我々すべてが
引き受けなければならない、
とかいうこと。


お前に代わって
原罪の罪をつぐなってくれた
キリスト様を信じて
洗礼を受けなさい、とか。


真理は「神の側」にあり
人は自らの力では真理に
到達することができない。

だから、
真理が書いてある
「聖書」だけを
ただひたすら信じなさい、とか


人は生まれながらに
罪を負っているから、
つぐなうためには
キリスト教に入信しなさい、とか。


キリスト教は、
人を精神の奴隷に
しようとしているんですかね?


まあ、
そうしたほうが
神と人の間にある人たち(教会)
にとっては都合がいいんでしょうが。


とくに、
「原罪」はヒドイですよ。
祖先の犯した罪は
子孫全体の罪だから
つぐないなさいとか、

そんな宗教はちょっと
聞いたことがありません。


たとえば
似たようなので
儒教の九族誅滅とかが
ありますが、

あれは
種を根絶やしにして
恨みを残さないためだし。



おなじく
祖先の墓を破壊したり
するのは

儒教はもともと
祖先崇拝の宗教だから、

墓を壊して祖先崇拝を
させなくするというのは、
同じ儒教の価値観を持つ
人に対しては

恐ろしい精神的打撃に
なるわけです。


キリスト教の原罪とは
根本的に違いますね。



話はそれますが、
大英帝国時代の植民地支配や搾取を
批判されると

イギリスの若者が
「なぜジーサンバーサンたちが
 犯した罪を
 俺たちが償わなきゃ
 いけないんだ!」
などと言ったりしてますが、

キリスト教的には
間違った考え方かもしれません。

キリスト教では
親の罪は子が償うわけですから、

その意味では
ジーサンバーサンたちが犯した
植民地支配などの「原罪」は
子孫の孫たちが償わなければ
ならないような気がします。

キリスト教徒なら。


私がキリスト教から感じる
重圧というか圧力を
とうぜん西洋の人たち
(というかキリスト教徒)も
感じていたようで

いろんな方々が
重圧からの解放を目指しました。



人間の反撃!

れんぞくこうげき!!

        (つづく)







よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








2018(平成30)年7月28日(土)








今回も、時系列の流れから。

1945(昭和20)年
8月30日 マッカーサー着任
9月11日 A級戦犯容疑者逮捕

10月11日 マッカーサー、幣原首相に
       民主化に関する五大改革指令。

11月6日 GHQ,財閥解体指令
12月9日 GHQ,農地改革に関する覚書を発表
12月22日 労働組合法発布


1946(昭和21)年
1月1日 天皇、人間宣言

1月4日 GHQ、軍国主義者らの公職追放を指令
2月13日 GHQ,憲法草案を日本政府に手交



前回は、
原爆デモンストレーションのおかげで、
アメリカは一国で
日本の占領ができるようになったと
書きましたが



今日は、
この占領政策について
ちょっと書きます。

アメリカの占領政策は
どこまでがトルーマンの意思で
どこまでがマッカーサーの意思なのか
勉強不足なのですが、



目的は、
「日本潰し」でした。


「日本を二度と強い国にしてはいけない」



日本潰しの政策が
着々と進められます。








ということで、
軍隊の解散は、
まあしかたないですね。


それから、
国力と言えば経済力。

日本経済の国際競争力も
きっちりと
落とさなければなりません。


このための政策が、
第一に「農地改革」です。



当時は
大土地所有者のもとで

自分の土地を持たず
高額の小作料を払って
耕作する農民が多かった。


こうした農民たちが
生活が苦しくなったり、
飢饉が起こったりすると
どっと町の工場に出てくる。


彼らはもう帰るところが
無いから、
安い給料でも文句言わず
働かざるを得ない。


この安価な労働力が、
日本経済の国際競争力の源
だったと思います。

(ちょっと前の中国と
 同じような構造ですね)


だから、
大土地所有者から土地を
取り上げ、
小作人たちに分配しました。


小作料から解放して
喰い詰めた小作人が
町に出て来ないように、
したかったんですね。


アメリカは、
「農地改革」を、べつに
不平等の是正とか農民の権利のために
やったんじゃありませんよ。


第二に、「財閥解体」です。


当時の日本では、
政府や軍と財閥がガッチリと
手を組んで
国策を進めていましたので、
財閥、解体してしまえ! と。


政府や軍に対する
資金供給や後方支援を
断ちたかったわけですね。


これもまあ、
しかたがないですが。


アメリカは、
「財閥解体」もまた、
べつに「経済の民主化」のために
やったわけじゃありませんよ。


仕上げは、「教育改革」です。

軍国主義の否定
建国神話の否定とか
(「神国日本」の思い込みを潰す)
武道の禁止とか
(武士道がファシズムを生んだ!)



今までの日本はすべて悪かった
的な教育ですね。


これは
日本人のモチベーション潰しが
目的であり、

アメリカは、
「教育改革」を、
べつに「民主化」のために
やったわけではありませんよ。


アメリカの占領政策を
ざっ見てくると、


アメリカは
自分に都合のいい事を
日本に
「これがグローバル・スタンダードだ!」
と言ってよく
押し付けてこようとしますが、


その傾向はたぶん、
GHQ占領のこの頃に
始まったような気がします。


「これが民主化だ」「自由だ」と
言われて占領政策を
受け容れた日本人。


結果的に経済だけ復活できたし、
ここ75年程戦争もしなくて
済んでるから
いい面もたくさんあったんでしょうが。


平成のアメリカ圧力にも、
いい面があるといいなあ(^^;


            (完)



ネタ本:「齋藤孝のざっくり!日本史」








よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









2018(平成30)年7月26日(木)







狂人ルーズベルトの日米戦争というお題で
以前何記事か書きましたが

もうちょっと
書きたいと思います。


まず、時系列の流れ
ですね。


1945年5・6・7月
 日本、白旗を掲げ、和平を打診。
 トルーマン、拒否。

 トルーマン、無条件降伏を要求。
 日本、天皇の地位の保全のみを求めるが、
 拒否。

1945年5月
 フーバー、トルーマンに助言(拒否)
 「日本はもうギブアップなんだ。
  無条件降伏なんて言わないで、
  一刻も早く和平すべきだ」

1945年7月26日 ポツダム会議
 日本に最後通告


同 8月6日 広島に原爆投下。
8月8日 ソ連、日本に宣戦布告。
8月9日 長崎に原爆投下。

8月14~15日
 アメリカ、天皇の地位の保証を受諾(※)。
 日本、それ以外は無条件で降伏。
 (日本が無条件降伏を受け入れた、
  というのもウソです)

8月16日 スターリン、ソ連の北海道北部占領を
      提案。トルーマン、拒否。








えー、なんでまた狂人ルーズベルト?
と思った方もいると
思うんですけど、


原爆投下のことに
ちょっとだけでも
触れておいたほうが
よかったかな、と(^^;


狂人ルーズベルトの亡霊であるトルーマン
(以下、狂人トルーマンと略す)は、
どうしても原爆を試したかったんですよ。



アメリカの圧倒的な力を
世界に誇示したかった。


大戦後の世界を自分たちの
都合のいいように動かすために。



とくに、ソ連が台頭してくるのを
けん制したかった。


つまりは
「見せしめ」ですね。



アメリカにケンカ売ったら
こうなるんやでえ~、という。


だから、
原爆デモンストレーションが
済むまで、
日本の降伏を認めるわけにはいかず、
ズルズルと引き伸ばしました。



そして、
ソ連参戦の2日前という
絶妙のタイミングで
広島に原爆を落としたのです。



原爆を落とさなくても
日本は降伏していたというのは
一連の流れで説明しましたが、

狂人トルーマンは
戦争を終わらせる為ではなく
政治的デモンストレーションのために
広島長崎に2発の原爆を落とし、
20万人の非戦闘員を殺戮しました。


私は大戦中の
大日本帝国の非道を認める気は
ありませんが、

大戦中の日本を
人道に対する罪で裁くなら、
アメリカの原爆投下も是非
裁いて欲しい。


「勝ったから罪は帳消し」
では済まされないと思います。



これら一連の流れで思い出すのは、
やはり9.11ですね。


テロを正当化はしませんが、
それにしても9.11の報復は
ものすごかった。


直接の加害者でないイラクにまで
徹底的な攻撃が行われましたが、

(しかも大義名分だった「大量破壊兵器」は
 出て来なかった)


2発の原爆投下にも、
同じような執念というか
エネルギーを感じます。



とくに
相手が日本やイラクのような
非キリスト教国の時は
100倍返しがデフォ (-_-メ) 



アメリカのメンタリティーは
今日まで
何も変わっていないのです。


アメリカは
2発の原爆デモンストレーションによって
日本の占領をアメリカ一国で
できるようになりました。


ソ連の北海道上陸も却下できたし。


狂人トルーマン君、大満足です。


             (つづく)







よろしければ
ポチッと応援お願いします( ̄(エ) ̄) 💥

2018(平成30)年5月26日(土)


今回は、
あんまり「トンデモ歴史」に
ならないかもしれません。


「江戸時代、お百姓は米(白米)ばかり
 食っていた」
というテーマなのですが、


「そんなの当たり前じゃん!」と
言われそうです(^^;



江戸時代の農民がふだんは
粟や稗ばかり食っていて、
白ごはんが食べられるのは
お祭りの時ぐらい、

というイメージがありますよね。


どうやらそれは、
テレビの時代劇から植え付けられた
間違ったイメージのようです。



で、江戸時代の農民が
主食として何を食べていたのか
わかる資料をさがしたのですが、


じつは
見つかりませんでした。


農民がふだん何食ってたかなんて
たぶんあまりに当たり前すぎて
記録として残されなかった
んでしょうね。


有名な江戸時代の愚民政策、
「慶安の御触書」あたりに
出ていないかなーと思いましたが、
出ていません。


ただ、慶安の御触書ではありませんが、
飢饉の記録に
玄米を貧窮民(農民)に供出したら
「白米にしてくれ」と言われたとか、
あるようですから、
フツウに食べてたんじゃないですかねー
白米(^^)








江戸時代の農民は、
白米ばかり食べていた?


もちろん、
地域的な差はあったと思います。


米の取れる地域とそうでない地域とでは
とうぜん事情が違います。


それに、
冷害や日照り、ウンカ害などが
あった年は別です。


余談ですが、
甲斐の国なんかは絶望的に米が取れず、
例えば武田信玄は収穫の時期が終わると
近隣に戦を仕掛けて略奪しなければ、
甲斐の国人を養っていけなかった。


この辺は、北欧バイキングの略奪と
事情が似ていますね。


で、信玄は米を求めて諏訪や上野に
伸長した結果、大大名になりました。



話を戻しますが、

人は1年に
だいたい1石の米を食べます。


だから
江戸時代の人口が3,000万人くらいとして、
全国の石高が3,000万石あれば
全員の口に米が入るわけです。


だいたい江戸時代を通じての人口は
3,000万人で安定していて、
増減が無かったことはわかっています。

(その後、明治に入って
 人口爆発しますが)



で、江戸時代の石高は
3,055万石(天保2、1831年)
でした。


江戸期の初期とかの
年貢率は五公五民として
(ちなみに豊臣期は二公一民でした)、
年貢は約1,500万石ですね。


武士が人口の5%として、
だいたい150万人。


武士全員がフードファイター
だったらともかく、
150万人の武士が
1,500万石の米を食べるのは
ちーーとむずかしいです ( ̄∇ ̄;



江戸時代は鎖国中で
米の輸出をしていなかった事を
考えると、


日本全国で獲れた3,000万石の米は
最終的には3,000万人の国民の
口の中に入っていった事でしょう。


150万人の武士が食べる米は150万石。

1,500万石年貢を取り立てても、
自分たちが食べて残った1,350万石は
最終的にはなんらかの形で農民に
戻っていったという事ですね。







戻りかたの資料も
ネットで調べましたが、
とくに見つかりませんでした。



戻り方として考えられるのは、
以下の2通りですかね。



1番目は、
年貢は米でなく金納していた
のではないか、ということですね。


で、手元には自分たちで
食べる米を残していた。



室町時代って、
「地方の時代」だったんだけど。

室町時代は商品開発の時代で、
ナタネ油や綿花などの
商品開発が全国で盛んになった。


で、戦国・江戸期とかは
これらの商品の販売で得た金銭を
年貢として納めたのではなかろうか、と。



2番目は、
公共事業などの土木工事の労賃として、
米を農民に支払ったのではないか、
ということです。


秀吉政権は軍事政権で
築城などの土木工事を盛んにやりました。

江戸時代も初期は巨大築城が
けっこうありましたから、
その人足に米を支払ったのではないかと。


そう言えば、
日当が米1升とか
そんな話をどこかで聞いた
気もします。


また、秀吉の時代は
鉱山開発の時代でもあり
日本は世界の銀の半分くらいを
産出していましたから(※)、

鉱山人足にも支払っていたかもしれません。


※例えば明国などは
 日本の銀でもって
 銀本位の貨幣経済を回していました。



だから、
公共工事が少なくなった
江戸後期の天領などでは
年貢率が1公2民にまで下がっています。



それから。


もし全人口の9割を占める農民が
雑穀ばかり食べていたのであれば、

全国の田畑で雑穀ばかり作っていた事に
なると思いますが、
むろんそんな事はないはず。


ということで、
江戸時代の農民は
米ばかり食っていた


・・・・という事になるのですが。


イマイチ
盛り上がらなくてすみません (^^ゞ


            完




ネタ本:板倉聖宣「歴史の見方考え方」






↑このページのトップヘ